ビーグレンはCセラムで乾燥するは本当?私も体感

ビーグレンCセラムの画像

 

ビーグレンの中でも人気の高いアイテム「Cセラム」

 

実はこのアイテムすべてのトライアルセットに入っているくらい、ビーグレンの中でも一押しのアイテムなんです。

 

ピュアビタミンCを高濃度に配合しているため、シミケアだけではなく、ニキビケアやエイジングケアにも効果があるとのこと。
でも、でも、この「Cセラム」はちょっと注意が必要なアイテムだったんです。

 

Cセラムが乾燥やピリピリの原因!?使って感じた肌への刺激

 

ビーグレンのホワイトケアのトライアルの口コミの中で「乾燥がひどい」「皮がめくれた」「赤く熱をもった」というものがいくつかありました。
何が原因かは定かではありませんが、ハイドロキノンが原因とも考えられますが、1つ名指しされていたものがありました。
それが「Cセラム」です。

 

高濃度のビタミンCと浸透力が高いのが乾燥の原因かも

ビーグレンCセラムには高濃度のピュアビタミンCが配合されています。
そのピュアビタミンCの皮脂を抑制する作用が肌の乾燥を引き起こしてしまうと考えられます。

 

確かに、乾燥肌の人にビタミンC化粧水はよくないという記事を見たことがあります。
余計に乾燥してしまうのでイオン導入もだめとか。

 

もともと皮脂の多い脂性肌の人がビーグレンのCセラムを使用するなら、皮脂の抑制作用によって肌の水分量と油分量のバランスを整えることに有効でしょう。
しかし、皮脂量の少ない乾燥肌の人がCセラムを使用すると肌の潤いに必要な皮脂まで奪ってしまいさらに肌が乾燥してしまうことに。

 

また、ビーグレンCセラムに配合されているピュアビタミンCが高濃度であることも肌を乾燥させてしまう原因です。

 

ピュアビタミンCはもともと酸性で刺激が強い物質なので、濃度が高ければ高いほど肌への刺激が強くなります。

 

さらに、ビーグレンの商品は浸透技術に優れており、とても浸透力が高いです。
そうなると余計に肌の奥まで刺激物が入っていくことになり、バリア機能の低下を招いてしまいます。
その結果、潤いを保つ力が失われてしまい、乾燥を引き起こしたり、外部からの刺激を受けやすかったりと敏感な状態になってしまうことがあります。

 

 

【体験談】後悔!肌が赤くなっても使い続けてしまった

 

Cセラムが乾燥しやすいとは説明書にも書いてありましたが、実際に使うときには忘れていて気にしていませんでした。
最初にCセラムを使ったときは、翌朝とても肌がもっちりしたのですっごくうれしかったのを覚えています。

 

でも、しばらくして再び使い始めたら、頬が熱をもって赤くなってしまったんです。
「あれ??」
って思ったんですが、「この間は効果があったし今回も使い続けよう」って思ってしまいました。
それが間違いだったんです。

 

頬の赤みはなおるどころかCセラムをつけた翌朝にまで残るようになってしまい、これはまずいと思って使うのをやめました。
するとその次の日には赤みが引いて行ったんです。

 

やっぱりCセラムのせいだったんだ!

 

ということがわかり、その時の私の肌には刺激が強かったんだなと感じました。

 

せっかく買ったものだし、効果があるって人気だからって使い続けてしまう人は私以外にもいるのではないでしょうか。
「明日こそ肌がよくなっているかもしれない」という期待感が大きくてやめられなかったんです。

 

肌に合わないものは使ってはいけませんよね。
一度敏感肌に傾いてしまうとなかなか抜け出せなくなってしまうので私みたいにならないようにしてください。

 

高濃度のビタミンCが配合されているビーグレンCセラムを使用する際は使用量を減らしたり、肌悩みが気になる部分にだけ使ったりなどの工夫が必要です。

 

また、Cセラムには配合されている保湿成分が少ないも乾燥する原因の1つかと考えられます。

 

保湿を目的としている美容液ではなく、ニキビ、毛穴、シミ、たるみ、しわの悩みをケアすることに重きを置いている美容液なので仕方ないかもしれません。
Cセラムを使用するときは自分の肌の状態をきちんと見極めて、使用する量に注意しながら使うことをおすすめします。

 

 

 

TOPへ