刺激強い?ビーグレンのホワイトケアを使ってわかった本当の事

ビーグレンホワイトケアトライアルの画像

 

ビーグレンはアメリカのビバリーヒルズのセレブのために作られたスキンケアでしたが、人気になったので日本人向けに改良を加えて日本でも販売したところ口コミだけで人気になったスキンケアブランドです。

 

医学博士のブライアン・ケリー氏が開発したドクターズコスメとも言えるビーグレン。

 

悩み別に8つもトライアルセットがあるんですが、シミへのケアということなので「ホワイトケア」のトライアルセットを購入しました。

 

 

トライアルは1944円 とても豪華なセット!

 

6300円相当が入って1944円(送料無料・税込)で購入できました。
6点も入っている豪華なセットです。7日間使えます。

 

◆セットの中身

  • クレイウォッシュ
  • Qusomeローション
  • Cセラム(高濃度ビタミンC美容液
  • QuSomeホワイトクリーム1.9
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム 

 

注目ポイント

 

ビーグレンは医療レベルの浸透力が売りのスキンケアブランド。その浸透技術は世界特許取得しているそうです。それが商品名にもある「QuSome(キューソーム)」です。効果にこだわりながらも肌への刺激を抑えた処方なので、多くの方に愛用されています。今あるシミにはハイドロキノン配合のクリームを使用。濃度は1.9%とアンプルールよりも低いですが、浸透力でカバー。ラインで使うことで美肌効果も期待できるようです。
365日返金保証があるので初めてでも購入しやすく、カスタマーサービスも充実しています。

 

 

私が感じたメリットとデメリット 刺激が強かったかも

 

◆メリット

  • ラインで使うことで透明感がでてきた
  • 今あるシミケアとくシミ予防もできるからいい
  • ハイドロキノン配合のクリームは刺激を感じずに使いやすかった
  • 医療レベルの浸透力のおかげか効果を感じやすかった気がする
  •  

 

◆デメリット

  • 現品の値段は高いのでラインで揃えることは難しい
  • Cセラムが肌に合わなくて肌あれしてしまった
  • 濃い目のシミケアには時間がかかりそう
  • 少し乾燥しやすいように感じた

 

ビーグレホワイトケアのトライアル画像

 

 

ビーグレンホワイトケアを実際に使った感想と効果について 

 

洗顔からクリームまで5つのアイテムが入っていたので、豪華ではありましたが、毎回全部使うのはちょっと大変でした。
クレイ洗顔は7日もちませんでしたが、他のアイテムはたっぷり使うことができました。
ここからは1つずつのアイテムを紹介していきます。

 

クレイウォッシュ

 

ビーグレンでも人気の高い洗顔。
天然クレイを配合し、余分な皮脂や汚れだけを吸着してくれるので洗い上がりがさっぱりなのにしっとり。ニキビの原因のアクネ菌、肌の汚れや古い角質、酸化した余分な皮脂を磁石のように引き寄せておとします。
泡が立たない洗顔なのでちょっとなれるまで気になりますが、やみつきになる洗顔です。
だた、トライアルに入っている量だと7日はもたないのが残念でした。

 

◆主な有効成分
天然クレイ(モンモリロナイト)・スクワラン・ヒアルロン酸・カモミラエキス・グリチルリチン酸2K

 

Qusomeローション

 

さらっとした化粧水で付け心地はさっぱりで夏向きな感じ。
でも17時間保水効果があるというキャッチコピーになっています。
「保水力」を高めることは肌の状態をよくすることにはとても重要なのでこの化粧水はありがたいです。
エイジングケアにも入っている化粧水で美白効果もある多機能化粧水になります。

 

◆主な有効成分
ホメオシールド・アッケシソウエキス・VCエチル・EDP3

 

Cセラム(高濃度ビタミンC美容液)

 

このCセラムは7.5%もの高濃度ビタミンCを配合! 
ビタミンCがとっても濃い!
シミや美白ケアと言えばビタミンCですよね。
他にもニキビやニキビ跡、毛穴、シミ、くすみなどの多くの肌トラブルに効果があるからすごいです。

 

使い心地は、オイルのようなテクスチャーでお肌につけた瞬間ジュワ〜という感じて温かさを感じる珍しい美容液です。
さらさらのオイルみたいな感じなんですが、肌に乗せるとすぐに浸透していきあっという間になくなってしまいます。

 

注意すべき点は、この美容液にはソフトピーリング効果があり、肌をくすませる古い角質やメラニンの排出を促します。そのため、使いすぎると乾燥するので注意が必要です。
私もこのCセラムで肌が熱をもって赤くなってしまいました。ビタミンCの濃度が濃いので刺激になった可能性が高いです。
乾燥肌や敏感肌の人は注意してください。

 

◆主な有効成分
アスコルビン酸(ピュアビタミンC)

 

QuSomeホワイトクリーム1.9

 

美白ケアで人気のアイテム。
QuSome化ハイドロキノンを1.9%配合。
キューソーム化してあるので、ハイドロキノンの刺激の強さや扱いづらい性質をカバーしてより効果の高いものにしてあります。

 

使い心地はとても柔らかいクリームなのでスーッとなじみやすく、顔全体に使うのに適しています。
夜だけしか使ってはいけないので注意しましょう。

 

アンプルールの部分使いとは違って、顔全体に使うクリームなので、そばかすや散らばったシミにも使いやすいですし、顔全体のトーンアップにも効果的です。

 

 

◆主な有効成分
ハイドロキノン・βホワイト・TGP2・ヘシキル3ーグリセリルアスコルビン酸

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム 

 

このクリームはエイジングケアと乾燥対策に効果があります。
とても柔らかくて軽い付け心地なので、夏でも負担にならないと思います。
だた冬には物足りなさを感じてしまうクリームかなと感じました。乾燥対策という点を考えるともっとこってりしている方が好きです。

 

◆主な有効成分
ポリアミン・アップレビティ・ラミリン・アクアエクストリーム・ハイビスカス発酵液

 

トライアルを使ったら肌色が明るくなった!でも肌荒れも

ビーグレンのホワイトケアのトライアルセットをつかいましたが、残念ながらCセラムで肌あれしてしまいました。

 

Cセラムをやめて肌の調子がもどってから再度使用しましたが、現品を購入することはしませんでした。

 

期間が短いということもあってかほとんどシミへの変化はみられませんでした。

 

強いて言うなら、若干肌色が明るくなったのかな〜ということかな。

 

鏡をみた自分の感覚では肌の色は明るくなったように感じました。

 

最初のビーグレンの特徴でも紹介したように、浸透力が高いためか肌への刺激が強いのかなと思いました。
肌あれしたのはCセラムが大きな原因でしたが、それからなんとなく他のアイテムを長期間使用することに抵抗があり現品を買うまでにはいたりませんでした。
Cセラムの使用量を少なくすればよかったのかもしれませんね。

 

でも、トライアルを使ったおかげでこういったことがわかったので、使ったことに対して後悔はしていません。

 

ビーグレンのホワイトクリームはシミ以外にも、肝斑や色素沈着、くすみにも効くそうです。継続して使っている方はよい効果を感じている方が多いようなので使ってみる価値はあると思います。

 

効きそうなシミケアを探しているなら、一度ビーグレンのホワイトケアを使ってみるのもアリかと思いました。

 

ビーグレンで期待できる効果とこんな人におすすめ!

ビーグレンのホワイトケアはこんな効果が期待できる

  • 今あるシミケア&シミの予防にも効果がある
  • 早い段階で美白効果が実感しやすい
  • 肌のくすみ抜け効果や美肌効果もあり

 

ビーグレンはこんな人におすすめ!

  • ハイドロキノン配合のスキンケアを探している方
  • 早く効果を実感したい方
  • 今までどの美白ケアも効果がなかった方
  • 今まで肌あれをしたことがないような人

 

美白ケアならシミが薄くなると思っていた方は注意です!

 

美白ケアはシミができるのを防ぐ効果があるとされているだけなんですよ。

 

ハイドロキノンなどのシミへの還元作用がある成分が入っているかチェックしましょう。

 

ビーグレンホワイトケアトライアル画像

 

 

 

 

 

 

TOPへ