ハイドロキノンが効くシミは全部じゃないの?

 

シミは、色素沈着によって肌(皮膚)の表面が変色してしまうこと。
シミを薄くした人にとってはハイドロキノンはまさに救世主のような存在ですよね。

 

そんなハイドロキノンでもすべてのシミに対して薄くすることができるわけではないようなんです。

 

ハイドロキノンで効果があるシミと効果がないシミについて知っておきましょう。
シミにはたくさんの種類があり、治療しようとしてもなかなか消えないものもあります。

 

できて日が浅いシミは、治療やケアで消すこのできるシミだと言われます。

 

 

ハイドロキノンで効果が期待できるシミ

 

老人性色素斑

 

 

最も多いタイプのシミです。
紫外線や老化によってできるシミで、若い頃からよく日焼けしていた人ほどできやすいです。比較的濃い茶色の輪郭のはっきりしたしみ。
頬骨のあたりにできることが多く、次第に濃くなってきます。
できたばかりのシミは比較的簡単に消せますが、厚みがあったり昔からある濃いものはなかなか効果がでにくいです。
できて何年もたっているシミは、メラニン色素が深部にあるため、美白成分配合のスキンケアが効きにくいのです。

 

炎症性色素沈着

 

 

化粧品にかぶれたり、火傷やニキビ、アトピー性皮膚炎など、皮膚に炎症が起こった後にできるシミのこと。茶色いシミになるものが多いです。
早く治すためにはピーリングが有効です。

 

肝斑(かんぱん)

 

 

額や頬、目や口の周辺に左右対称にできる褐色のシミで、ホルモンバランスによる影響が大きい。
30代から40代の女性にできやすく、茶色や、灰色など様々な色があります。
スキンケアのし過ぎなど摩擦によってもできるので注意。
女性ホルモンのバランスの崩れが原因なので 薬で治療すれば、薄く出来ます。
ピーリングや美白化粧品も有効です。

 

 

ハイドロキノンで効果が期待できないシミ

 

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

 

 

急激な強い日焼けをした後に、メラニン色素が過剰に発生してできるシミです。
通常、肩から背中にかけてできることが多いです。
よく見ると花びらのような形をしています。

 

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

 

 

中年以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍のこと。
シミからイボのように盛り上がってしまうものですが、
皮膚の形態そのものが変化してしまっているため美白成分では改善できません。

 

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

 

 

いわゆる「そばかす」のことで、小さな斑点が鼻を中心に散らばったような感じで出るものです。
これは遺伝的なもので、両親のどちらかにあると出やすく、子供の頃から出てきます。
理論上は美白成分が有効なのですが、遺伝的な部分が強いため消えないこともあります。

 

 

これらの美白化粧品で消すことができないシミは、医師に相談してケアしていきましょう。

 

方法としては、レーザー治療、トラネキサム酸やビタミンCなどの内服治療、レチノイン酸やハイドロキノンなどの外用治療、ピーリング治療などがあります。

 

レーザー治療を行っても完全にシミがなくなるわけではなく、新しシミがでてきたり、表面のメラニンが剥がれるだけで薄くなるだけの場合もあります。

 

私の場合は薄くなるだけでなくなることはありませんでした。

 

シミだと思っていたのが実は肝斑だったということもあるので、医師にしっかりとシミの判断をしてもらってケアを行うようにしましょう。

 

肝斑の場合、レーザー治療によって悪化することもあるので注意が必要です。

 

アンプルールやビーグレンの美白ケアは紫外線によるシミや肝斑、ニキビや炎症の跡には効果がありますので気になるシミがある方は一度使ってみることをお勧めします。

 

口コミが良いアンプルールの美白ケアトライアル

 

 

 

口コミがよいビーグレンホワイトケアのトライアル効果

 

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ