アンプルールを選んだ決定的な事とは?それは○○だったから!

 

 

アンプルールとビーグレンの美白ケアを両方使った後に私が現品の購入を決めたのはどちらでしょうか。

 

それは「アンプルール」です。

 

その理由は「肌あれしなかったから」です。

 

なんだそんなことかと思った方もいるかもしれませんが、これってとっても大切なポイントだと思っています。

 

どんなに高い効果があったとしても、それが肌への刺激になってしまっては、返って逆効果になってしまうと思うからです。

 

肌があれるということは、刺激の強い物質が肌にもともと備わっていいるバリア機能を壊して肌の中に侵入し炎症を起こしてしまっているからです。

 

多くのスキンケアは肌の奥に有効成分を浸透させるために添加物を配合しています。
添加物も敏感な肌の方には刺激になってしまい、肌あれにつながっていくのです。

 

ビーグレンで肌が熱を持って赤くなったのは高濃度ビタミンCのせい?

 

 

ビーグレンのホワイトケアでも肌のくすみぬけを実感することができたんですが、肌があれてしまったのでトライアルしか使っていません。
もっとホワイトクリーム1.9も現品を使用していたら、どうなっていたのか興味はあります。

 

他のかたの口コミでは効果がありそうだったので残念です。

 

トライアルセットではラインで一度に使い始めるから、肌あれが起こったときに何が原因なのかがわからないんです。

 

1つずつそれらしいアイテムを抜いていって肌の調子がよくなったらそれだ!って確信が持てました。

 

 

Cセラムは乾燥しやすいとかソフトピーリング効果があると書いてあるので、肌が薄い私はちょっと心配だったんですが、最初は何の問題もなかったのに、ある日突然赤くなったのには驚きました。

 

高濃度に配合されたビタミンCが原因かと考えられます。

 

ビタミンCは、シミだけでなく、ニキビケアや毛穴ケア、エイジングケアにも使われるものですが、濃度が濃いと肌への刺激になってしまうので注意が必要ですね。

 

最初から使う量をもっと少なくしておけばよかったと後悔しています。

 

 

賢い人は、1滴だけつかっているみたいです。
なるほど、こんな使い方もあったんだと後から知りました。


 

アンプルールはTVドラマでもメイク協力をしていた!キムタクの映画も!

アンプルールは実は芸能人の使っている人いるんです。

 

TVドラマのメイク協力にアンプルールが使われた事があります。
観月ありささんや竹野内豊さん、あのキムタクの映画「無限の住人」でエンドロールにアンプルールのロゴがあったのにはびっくりしました。

 

戸田恵梨香さんも愛用していると雑誌に載っていましたし、結構アンプルールファンはいるようなんです。

 

雑誌でも夏になると必ずといっていいほどシミ対策ケアで紹介されています。

 

アンプルールが雑誌でたくさん紹介されている画像

 

このようにアンプルールはメイクのプロにも認められたスキンケアとして認知度をあげていっているんですね。

 

 

メイク協力もしていることから、アンプルールは肌への刺激が少ないってことがわかりますね。
美魔女も使っているしアンプルールにしてよかった。


 

 

 

 

アンプルールで感じた効果はシミケアだけでなく美肌効果もあった!

 

アンプルールを使って感じた肌の変化は、肌質が前よりも元気になったように感じました。

 

肌が赤くなったり敏感になることが少なくなったんです。

 

そのせいかハリも出てきたように思っています。

 

 

美白成分以外にも保湿成分やエイジングケア成分も使われているからかしら。


 

アンプルールだけで揃えるのが完璧ですが、自分の気に入っている化粧水やクリームと合わせて使うとスキンケアが楽しくなるのでおすすめです。

 

シミは乾燥が原因でもあるので保湿重視のスキンケアとの併用はおすすめです。

 

アンプルールが肌にあうのかどうかは実際に使ってみないとわからないので、1890円で買えるトライアルセットを使ってみてくださいね。

 

アンプルール美白ケアのトライアルセット口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


TOPへ