シミを作らせないためににすべき3つのこと NGとは?

 

シミに悩まないためにはシミを作らせなければいいはず!

 

そこで今後、シミを作らせないためにするべきことはなんなのかを調べてみました。

 

シミ予防には次の3つのポイントに注意すべきことがわかりました。

 

  • 徹底した紫外線対策
  • シミ予防の効果がある医薬部外品のスキンケアを使う
  • 適切なターンオーバーの周期を保つ

 

なるほど。

 

よく耳にする紫外線対策や美白スキンケアの利用ですが、ターンオーバーについては考えていませんでした。

 

はじめに、紫外線を浴びることでシミがどのような仕組みでできるのかを簡単に紹介していきます。
それを踏まえて、上記の3つのポイントについて詳しく説明していきます。

 

 

日焼けでシミができる仕組みを知ろう!

シミを作らせないようにするためには、どうしてシミができてしまうのかを知ることも大切。ここでは、簡単にシミができる仕組みを解説します。

 

 

 

 

太陽光を浴びると紫外線に対する防御反応が起こり、メラニン色素が発生します。
このメラニン色素がシミの原因です。

 

 

メラニン色素は紫外線が体内に侵入するのを防ぎ、肌細胞を守るために一時的に生成されるもの。
実は重要な役割があったんですね。

 

通常はターンオーバーによって角質となって排出されるのですが、メラニンが大量に生産されたときや老化などで自力で角質をはがすことができなくなってしまうと、メラニン色素をターンオーバーで排出しきれなくなり、メラニン色素は皮膚内に残ったままに。
その皮膚に残ったままのメラニンがシミとなってしまいます。

 

いくらターンオーバーが正常に働いていても、紫外線のダメージが大きかったり、長期間浴びることで、メラニンの生成が過剰になってしまいますので注意が必要です。

 

 

シミの原因は紫外線だけじゃない!スキンケア大好きの人は要注意!

 

シミの原因といえば、紫外線が一番に思い浮かびますよね。
しかし、実は、紫外線以外にもこんなことがシミの原因になっていたようです。

 

 

  • 肌への摩擦(過剰なスキンケアやマッサージ)
  • 虫刺されの跡
  • ニキビの跡
  • 傷の跡
  • 不規則な生活(睡眠不足や食生活の乱れ)
  • 女性ホルモンの乱れ

 

こんなにシミの原因があるなんてどうしたらいいのかわからなくなりますね。

 

なかでも私もやってしまっていたNG行為が「過剰なスキンケア」です。

 

これは意外と知らない人が多いと思います。
スキンケアはすればするほど肌が良くなると思って毎日せっせとたくさんのスキンケアを顔に塗っていませんか?

 

実は、その行為がシミの原因になっているかもしれません。

 

私は最初にこれを知ったときはとてもショックでした。
スキンケアが摩擦になって、メラニンを増やしてしまっていたとは驚きです。

 

 

徹底した紫外線対策は必ず必要!毎日の日焼け止めは欠かさないで!

 

 

 

シミを作らせないためには一番大切なのが紫外線を浴びないようにすることです。

 

紫外線は3月から量が多くなって10月くらいまではしっかりとした日焼け対策が必須です。

 

日焼け予防には、日焼け止め、サングラス、日傘、帽子、、ラッシュガード、アームカバーなどが有効です。

 

意外な盲点として目からの日焼けがありますので、サングラスはつけると効果的です。

 

顔にシミができるくせができてしまうと、ビーチサンダルなどで足の甲を日焼けした場合でも顔にシミができてしまうということをエステの人から聞きました。
いつもシミを作っているメラノサイトが反応するんだとか。

 

怖いですね〜〜。

 

全身、足の先から頭まで徹底的に紫外線を予防しましょう。

 

 

シミ予防の効果があるスキンケアを使おう!

 

どんなに紫外線対策をしていても、うっかりと浴びてしまうことはあります。
メラニンを増やさないようにすることが透き通るような肌になれる近道。

 

そんな時に使うといいのが、美白効果を謳っているスキンケアです。
美白効果とはシミ予防のことで、国が認めた美白有効成分が入ったスキンケアがおすすめです。

 

メラニンを作る前に食い止める効果があるスキンケアがいいですね。

 

美白有効成分とは?

 

厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」あるいはこれに類似した効能を表示することが認められた成分。
「美白」という表示がある。
厚生労働省に認可されていない場合には「ブライトニング」という表現になっている商品が多いでしょう。

 

アルブチン・ビタミンC誘導体・エラグ酸・カモミラET・トラネキサム酸・ニコチン酸アミド・ビタミンCエチル・プラセンタエキス・4MSK・ルシノール・コウジ酸・カミツレエキスなどがあります。

 

その場合、「医薬部外品」という表示がありますのでこの表示があるものを使うといいでしょう。

 

アンプルールの薬用美白美容液はハイドロキノン誘導体(アルブチン)やビタミンC誘導体が配合されており、シミを作らせない効果が期待できるのでおすすめです。

 

アンプルール薬用美白美容液の画像

 

 

他にもおすすめなのが、POLAのホワイトショットです。

 

POLAホワイトショットの画像

 

ルシノールというPOLA独自の美白有効成分が配合されており、シミ予防に高い効果が期待できます。

 

 

 

適切なターンオーバーの周期を保ってシミを排出させよう!

 

メラニンが出来てしまっても肌の状態が健康であればターンオーバーによって肌の外に排出されていきシミにはなりません。

 

しかしながら、年齢肌や敏感肌などの場合は、このシミを肌の外に排出する機能が衰えてしまっているのでシミが肌の中に残ってしまいます。

 

ターンオーバーのイメージイラスト

 

 

ターンオーバーの周期は年齢と共に間隔が大きくなってきます。

 

 

 

よく耳にする28日周期というのは20代の話。
シミが気になる40代や50代ではなんと倍以上の50日や75日もかかるケースもあるそうです。

 

このように、肌の中に溜まったメラニンがなかなか肌のそとに排出されない時間が長くなってしまうことで、シミが定着し、更には濃くなってしまうようになります。

 

剥がれ落ちるはずの角質が肌の表面に残り続けることで、肌の角質は厚くなります。

 

これが、肌のごわつきやくすみの原因となってきます。
また、スキンケアの浸透が悪くなるのもこの角質が邪魔をしているからなんだとか。

 

このように、肌の新陳代謝であるターンオーバーの遅れによってシミが増えていくのを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

 

  • 古い角質をピーリングで除去してあげる
  • ターンオーバーを正常化する

 

 

古い角質を取り除くにはピーリングがおすすめ!でも肌にやさしいものにして!

 

古い角質を除去できないのであれば、ピーリングをしましょう。

 

スキンケアや洗顔などでピーリング効果があるものがあるので肌への刺激が少ないものを選んで使って見ましょう。

 

ビーグレンの「Cセラム」にはゆるいピーリング効果があるとのこと。

 

ビーグレンCセラム

 

肌のごわつきが気になった時に使うと効果的です。

 

 

 

ターンオーバーを促すケア・正常にするケアをしよう

ターンオーバーが遅れているからといって、単に早くすればいいってもんじゃないんです。

 

早過ぎると、未熟な細胞が肌の表面にでてきてしまうので、肌のバリア機能の低下につながってしまいます。

 

なので、ターンオーバーは適正な間隔にするのが大切なんです。

 

 

肌のバリア機能が正常な肌イラスト

 

 

肌のターンオーバーの乱れには肌の保水力が関係しています。
肌の角質層でしっかりと水分を保持できる肌はバリア機能がしっかりしているということ。
こういった肌はターンオーバーが正常に働いていると考えられます。

 

ですから、ターンオーバーの正常化には保湿スキンケアが効果的です。

 

 

年齢ととともにターンオーバーが遅くなるので「促進させないと!」と思ってしまうことはやめましょう。

 

年齢とともに、ターンオーバーの速度がゆるやかになって、遅くなるのはむしろ正常なこと。
ターンオーバーの促進が必ずしもお肌の改善につながらないことを、理解しておきましょうね。

 

注意しなくてはいけないのが、過度にターンオーバーが低下してしまうことです

 

この原因としては、睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、不規則な食生活などが考えられます。

 

バランスのよい食事は特に大切。たんぱく質、炭水化物、脂質をバランスよく摂りましょう。
ビタミンを積極的に摂取するように心がけましょう。

 

また、適度な運動もいいですね。
睡眠をしっかりとって体を休めることも大切。
なるべくストレスを貯めない生活を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

TOPへ